情報処理サービス業、アンケート集計

第2回

住民意識調査の自由記述について

先程、テキストマイニングについての問い合わせがあった。
その言葉について聞いたことがあるが、詳しくは分からなかったので
ネットで調べた。ややこしい話しが長々と書いてあった。


それを私なりに解釈すると、文字通り、「記述内容の分析」なのだが
住民意識調査の場合、もっと単純に考えるべきだ。
キーワードの頻度を解析するだとか、本当にこれをしきりに力説するひとは
記述内容を読んだことがあるのか疑問に思う。
キーワードをカウントすることはある意味有意義である。


しかし、頻度をカウントするとなると同じ人の自由意見にそのような言葉は
たくさん出てくるわけで、まして、文章の長さに依れば、20人分にも
30人分にもカウントするケースが出てくる。
これではキーワードに対する重要度を分析するという点で、回答者に対する
公平感がなく、たくさんその言葉を使った人がより多くカウントされる。


それは住民意識調査ではまずい。
また、自由記述は同じ意味のことを違う言葉で表現されていることが多い。
たとえば「道路」「道」「固有名詞」「○号線」など同じものを差す場合がある。
キーワードでは分散されたり、抜け落ちたりする。
そもそもテキストマイニングのコンピュータ処理は実際の記述内容に目を通せな
いことが前提。(しかし、誰かが文字データとして入力していることも前提)
市町村のアンケートは誰かが目を通せる範囲のものであると私は思う。


また、そうでなければ回答者に失礼である。
お役所の誰かがちゃんと読まなければならないものだ。
それができないのなら、はじめから自由記述欄を設問に設けなければよいのだ。


ここからが本題。
テキストマイニングの方法としてキーワードの頻度別集計はある意味、無意味で
あるように思える。
ただ、回答者1人に対し、キーワード1カウントは有意義である。
回答者が何について意見を述べているかは重要である。
実はそんなことは今までやってきたことで、特別真新しいことではない。
自由記述の項目別分類や肯定的意見、否定的意見、改善・要望、はたまた
もっと詳細にやると「何が」「どうした」を分類し、(これは将にテキストマ
イニング)分析する。


さらに、これは最高級ノウハウなのでここで書きたくはないが、あえて公表する。
(筆者:大袈裟にもったジョーク的表現です。)


「何が」「どうした」+「対応」「担当セクション」を付加する。
これを分析すればすごく格好良くなる。
役場仕事で一番の問題としてあげられるのが対応の遅れ。
これに優先順位をつけ、すぐに対応したとなれば、その役場、課、人は大変住民から
ありがたがれ、ほめられ、評価される。


また、世の中は価値観の多様化などと言われ、優先順位で何を基準とすべきかと
問われることがある。
あなたが市長ならなんと答える。
正解は簡単、とりもなおさず「人の命である」
何はともあれ人の命が大事なのである。
お役所はライフラインに関わることまた命に関わることを考え
優先に対応すべきである。
価値観の多様化などとはそっちのけで、それは根本的にコンサルも私ども集計屋も
はたまた世の中全ての人に同様な価値観のはずであると私は信じたい。

有限会社 地域情報設計研究所

東京都世田谷区松原1-57-16

代田橋コーポラス1階

TEL:03-3327-5681

FAX:03-3327-5848

MAIL:info@cjk.la.coocan.jp